セミナー

「好き」捜索願

「好きなものは何ですか?」

 

31年間、この問いにうまく答えられたことがない。

何かに没頭したり、足を運んだり、関心を寄せるものはあっても、それが「好き」なのかがわからない。

「好き」ってなんだろう。

素直にそう思う。

 

 

【すき(好き)】
1、心がひかれること。気に入ること。また、そのさま。

 

 

「〇〇が好き」と言ってしまうと、それに詳しくなければいけないと思ってしまう。

詳しさを人に語れるほど、僕はそれに向き合っているのだろうか。

人の話を聞いていると、自分が知らないことが次から次へと飛んでくる。

僕にその「詳しさ」が、どこかにあるのだろうか。

自分の「好き」に、心はひかれているのだろうか。

 

前回の「ライティング学」の中で、様々な人と出会えた。

 

・ユーチューバーが好きな方

・沖縄が好きな方

・カフェ巡りが好きな方

 

当然のように、僕より詳しい。

ただ、なんだろう。この不思議な感覚。

“詳しい”よりも前に来るもの。

「好き」を育んでいる感じ。

 

それが「熱量」であると感じたのは、伊佐さんの随所に出てくるストイックさに紛れ混んだ物書きへの「愛」と、ターニングポイントでの“楽しい”を選択していく姿勢からであった。

「周りにどう思われるのか」を考えていた自分がどこかにいたのだと思う。

人がなんと言おうが、自分はこれが好き。

 

たぶん、この感覚だ。

 

「好き」は、良い意味できっと1人称。

だから、それを共有することで育んでいけるのだ。

1人称が2人称になって、やがて3人称になっていく。

そうやって「好き」が大きくなって、まだ見ぬ世界にたどり着く。

 

「早く行きたければ一人で行け。遠くへ行きたければみんなで行け。」

 

 

伊佐さんが言っていたこの言葉が蘇ってきた。

 

きっと、この感覚だ。

 

決して「好き」=「それに超詳しい」というわけでなくていい。

ただ、それを通して自分を知ってもらう。

1人称を3人称にするために。

たとえ、それが大きな片寄りだとしても。

 

 

【すき(好き)】
2、片寄ってそのことを好むさま。物好き。また、特に、好色。色好み。

 

 

「好き」の中にある“片寄り”がその人の「魅力」に見えてきた。

いつの日か「普通ってなんだ」と考えたことがあったが、答えは出なかった。

きっと、片寄りがないことなのだと、今は思う。

それは、一見いいように見えて悲しくて寂しいこと。

片寄っていていいのだ。

 

 

思うままに振る舞おう。

片寄っていることが、「好き」なのだ。

 

 

【すき(好き)】
3、自分の思うままに振る舞うこと。また、そのさま。

 

 

(「好き」の2人称が恋愛?)小松崎高司

 

関連記事

  1. セミナー

    「好き」捜索願 取り下げ

    ふと、部屋の中を見渡してみる。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 海外の保育

    オーロヴィル(インド)の幼稚園が衝撃的すぎた件
  2. エコビレッジ

    デンマーク【クリスチャニア】ー自由のみが聖なるものー
  3. エコビレッジ

    オーロヴィル滞在記 もっともエコロジカルなコミュニティ『サダナフォレスト(Sad…
  4. 世界一周

    イスラエル「キブツ(Kibbutz)」コミュニティとは
  5. 屋久島

    屋久島を知る1日 —後編—
PAGE TOP